惰性成すまま。

超メジャーになったぷよらーliveさんことりべさんが 適当に思ったことを綴ってきたよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

連鎖構築の方向性

連鎖は大きく言って横と縦、二つの伸ばし方に分かれます。
どちらがいいと極論付けるのは暴挙かもしれませんが、個人的には縦伸ばしが対人では有利に働くのではないかと私見しています。
2つを比較してみましょう。

・横伸ばし



・利点
連鎖の飽和量を上げやすい。
基本的に自身が見て連鎖の流れや暴発情報がわかりやすい。
合体などによって対応に幅を効かせることができる。

・欠点
折り返しに隙が出やすい。
流れが相手から見てわかりやすい。…凝視されやすい
部分を崩すという対応手が取りづらい。
ツモを発火点側にしか有効に回すことができない。


・縦伸ばし



・利点
流れが相手から見てわかりづらく組むことができる。…凝視されにくい
部分を崩すという対応手が取りやすい。
折り返しを必要としなく、発火点の保持が容易である。
ツモを発火点側、連鎖尾側の二手に回すことができる。

・欠点
連鎖の飽和量を上げにくい。
自身から見たとき連鎖の流れを把握しづらい。
縦摩擦が大きく発生し、暴発の危険性がある。



見てのとおり、大きく違いを挙げたい点はツモの有効活用についてです。
単純に考えても選択肢が二倍になりますし、無駄ぷよも減ります。
なにより有効なのは相手本線発火後の伸ばしです。
ツモによって的確に両側に捌くことにより効率的に伸ばすのは言うまでもなく、
発火点を常に維持しながら尾の部分を伸ばすことができるのでツモ運部分をかなり削減できます。
暴発にさえ気を使うことができるのならばこの差は歴然と言えましょう。


但し、あくまで大別した場合の差であって実際にはどちらともつかない伸ばしは数多くあります。
常にフレキシブルな伸ばしができる技術を身につけることによって両者の利点の恩恵を得ることができるでしょう。
この違いを頭の片隅にでも置いておけば、また一味違ったぷよが打てるはずです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

馬鹿伸ばしはだめですか?

unk | URL | 2008年08月08日(Fri)20:56 [EDIT]


横伸ばしの場合先置き合体
縦の場合連鎖尾つぶし保持型がいまのところ主流だけど
連鎖力=連鎖数と完全に見ない!っていう決め打ちのほうが実践においては有効なのかな?
基本しかやってない俺はこの2つ極端だわw
ただ、対応しようと思ったときは縦
安定狙って無難にって思ったときは横
って使うことが多いね

dandelion | URL | 2008年08月09日(Sat)07:57 [EDIT]


>unk
馬鹿伸ばしで15,16安定して隙なく打てるような人間がいないから
催促と潰しを見た形が発展したんですね。
相手も自分も最善手を打った場合、中盤戦以降は後打ちが有利になるわけですし。

>だんで
くまの積み見てもわかるように、時間的なものと連鎖効率から見ても
最後に大量同時消しができる連鎖と大連鎖の有利さってのはそう変わらないね。
ダブルトリプルを連鎖尾に構えてたら相手に見た目的なものでも圧力を与えられるしね。

live | URL | 2008年08月09日(Sat)08:21 [EDIT]


縦方向の大きな利点として、お邪魔に対する耐久性も挙げられますね。

momoken | URL | 2008年08月09日(Sat)12:52 [EDIT]


>ももけん
ですね。2,3列受けても対応次第でなかったことにできるのは大きいです。
ただ連鎖全体をきちんと把握してないとオブジェになるのがやはり問題ですね・・・

live | URL | 2008年08月10日(Sun)06:38 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。