惰性成すまま。

超メジャーになったぷよらーliveさんことりべさんが 適当に思ったことを綴ってきたよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

伝説の宇宙人とただの若手

EPM邸配信でミスケンのぷよステーションを豪華面子で考察してました。
見てて思ったのが、彼らでも「セカンドの発想が理解できない」だのと言う部分が強かったということ。


少し耳を疑いました。
本当に手順筋、どうしてこういう一手になるというのが理解できていないのかと。


自分はミスケンのサイトを初めて見たとき、何を説明しているのかすらさっぱりわかりませんでした。
おそらくそういう方は少なくないだろうとは思います。
道楽でやっていたぷよ、まじめに取り組もうとするのにそう時間はかかりませんでした。

暫く経って、改めて理解しようともう一度ミスケンのサイトを見に行ったことがありました。
言葉の断片は理解できましたが、図を見るだけで集中力を要し、ミスケンの言う本質にはたどり着けていなかったのだろうと思います。
何かもどかしくて、気持ち悪い連鎖、美しい連鎖をただひたすら無心に練習しました。

4列連鎖尾がある程度できるようになった頃、またミスケンのサイトを見に行ったことがありました。
「プラス一列」の項を見たとき、似たような発想があることに気づきました。それが以前見たときに感化されたものだったのか、持ち前のものなのかはよくわかりません。
背中置きとよく言われるテクニックに関しても、自然に使っている部分がありました。

その日からは余興含めて5列連鎖尾を毎日のように組んでいました。
2ぷよで連鎖尾練習のためだけに費やした試合数は計り知れません。
最初数手を適当に置き、リカバリ、セカンドを意識した練習法が多く、何度も失敗を繰り返しました。
連鎖尾も5列になると折り返しも組まず、ただひたすら一心に縦方向への伸ばしを意識しました。

いつの間にか、連鎖尾や連鎖の形が凄いという評価を受けるようになっていました。
ミスケンの動画を見ても発想面に関しては以前ほどの凄みを感じなくなりました。
今では、ミスケンのサイトのセカンド構築理論という部分に関しては苦もなく理解できるようにはなりました。



上位層でも、人によって得意分野はまちまちなのはあると思います。
僕も反応、対応、戦略といった面ではまだまだ未熟でしょう。
それ含めたにせよ、彼らが今のミスケンサイトの内容理解ができてないということに少し残念さを感じました。
もう少し具体的に言うと、「自分の理解できない情報だけで物事を決め付けていること」に対してでしょうか。

確かにミスケンが残した業績は革新的かつ明確に思想を形にしており伝説の名に相応しいものでしょう。
でもその威光だけにすがっていることは正しいことなのでしょうか?
これからのぷよ通に関して彼以上の業績を残し得ることは物理的に可能なのでしょうか?
比較対象を伝説の宇宙人とされる若手は何をすれば彼を越え得るのでしょうか?


忘れ去られるまで50年、100年と待つのでしょうか。


野望を持つ身としてはいささか心苦しいですね、というお話でした
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごいね

あることを極めるというのは、
想像もつかないような努力によってはじめて為し得るのですね。
応援しています。がんばってください。
ただ、仕事と健康にも気を付けてください。
10月6日よろでっす。

manzino | URL | 2009年09月25日(Fri)01:34 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。